『返済しなくても借金が減った?』
『払い過ぎた分(過払い金)が戻る?』
「そんなウマイ話なんて・・」友人は笑いましたが、
でも、専門家の説明を聞いているうちに・・・

「こんな方法があったのか!」と喜ばれてる債務整理

「返済もしないのに借金が減る?」
「払い過ぎてたお金(過払い金)が返ってくる?」

こんな話を聞くと「あやしすぎる」「そんなウマイ話があるわけない」と思ってしまいそうですね。

でも実際にたくさんの人が、任意整理という法律に基づいた債務整理により、借金を大幅に減らしたり、過払い金を受取ったりで、苦しく悩んだ借金返済の悩みから解放されてます。 しかも「家やクルマなど財産はそのままで」、また「職場や友人など周囲の人に知られることも無く」です。

借金に悩む人の全てではありませんが、でも多くの人が辛い借金返済の苦痛から解放されたと喜んでます。

その背景には、社会問題となった多重債務問題を解決するために始まった貸金業法改正など、貸金業界の大きな変化があります。

社会問題となった多重債務問題解決に向け、国や行政が本気で動き、貸金業界は大きく変わりました。

ポイントは貸金業界の規制強化。

例えば、テレビをあれほど賑わせていたキャッシングや消費者金融のテレビCMが目立たなくなったと思いませんか?

アコムの「♪ららら、むじんくん、ららら♪」と歌う宇宙人とか
「どうする?アイフル~」とか
チワワ人気のきっかけともなったアイフル犬
女性ダンサーたちが活動的に踊る武富士
などなど・・・もう懐かしいくらいですね。

このようなCMの自粛も、貸金業界の規制強化の一環です。

そして、私たち利用者にとって特に重要な規制強化は、数年前までは当たり前だった金利(グレーゾーン金利)が認められなくなったこと。

この「グレーゾーン金利」とは、上限金利(貸付残高などに応じて決まる年利15~20%)を超える金利で、法律で罰則があった29.2%を超えない金利のことです。

規制が強化される前は、年利20%を超える金利(グレーゾーン金利)は、有名企業や大手も含めてクレジットカードや消費者金融で、ごく普通に目にする金利でした。

ところがこのグレーゾーン金利が認められなくなったため、適切な手続きをとれば、過去もさかのぼって金利を見直すことができます。

金利を見直すとどうなるか?

それは現在の返済残金が減ったり、場合によっては、既にお金を払いすぎてるかもしれません。

なお払いすぎた分は、適切な手続をすれば「過払い金」として返還してもらえます。


こうした時代の追い風に乗り、辛い借金と「さよなら」し、笑顔を取り戻した人たちがたくさんいます。


利用者にとっては大きなチャンスとなったこの【変化】、逆にキャッシングや消費者金融などの金融業者にとっては辛いものとなりました。 過払い金返還などで損失がかさんだり、業績を落としたり、その結果大手でもリストラなどの対応に追われてます。

意外に知られてないのには理由が・・・

「自分には関係ない」
「そんなウマイ話があるはずない」
と自分だけで結論を出すのは早いです。

確実なのは、金融のプロである専門家(司法書士や弁護士など)に、「あなたの借金がどうなのか?」を聞いてみることです。 でも・・・
専門家への相談って、慣れないことですし不安がいっぱい。
「費用は?」「周りに知られない?」「自己破産になっちゃわない?」などの不安から気がひけるのも確かです。

こうして躊躇して前に進めない人が多いんですね。

「周りに気づかれず・家も車もそのままで借金の悩みを解決した人」と、
「借金返済のストレスに追われ悩み続けてる人」
その違いは案外、知ってるか?どうか?ということだけかも。

任意整理で、職場など周りに気づかれず、家も車もそのままで、借金の悩みを解決できるのに、そのことを知らないまま借金返済に苦労し続けてる人は意外に多いです。

いくら大手の金融会社でも、任意整理で借金が楽になることや、過払い金があることを教えてくれることはないです。(任意整理や過払い金返還への対応で金融会社も苦しいですからね。)
だから、自分で気がつくしかありません

でも借金のことって、普通の人には分かりにくいこともあります。 だから経験豊富で詳しい人に聞くのが1番なんですね。

例えば、テレビCMでもおなじみのアヴァンス法務事務所なら無料相談もありますし、ネット経由の無料相談なら周囲を気にすることもないですね。

アヴァンス法務事務所
↑↑ 借金の悩み解消には、意外に知られてないポイントがあがります ↑↑
* * * * * * * * * * * * * * *

2010年6月から総量規制
2010年6月から総量規制の施行です。総量規制とは一定金額以上の借金(キャッシング、ローンほか)ができなくなることです。多重債務問題は借りすぎが主な原因であることから、総量規制は多重債務問題の根本解決の有力手段の一つですね。

任意整理
債務整理といえば自己破産だけではないです。任意整理なら、周囲に知られることなく、また家やクルマなどの財産に影響することなく借金残高を減らしたり、場合によっては過払い金を返還してもらえることもあります。借金で悩んでるくらいなら債務整理について少し勉強してみては。

2006年末貸金業法改正
2006年末の貸金業法改正をきっかけに消費者金融やクレジットカードなどの貸金業界が大きく変わりました。特に上限金利が明確になったことで、従来グレーゾーン金利と呼ばれていた金利が認められなくなり、これをきっかけに各社の金利引き下げが活発になり、また利用者による任意整理なども目立ってきたのではないでしょうか。

自己破産覚悟で・・
借金の返済に疲れ、自己破産を覚悟して専門家に債務整理を依頼したところ、任意整理だけで借金の悩みが消えたという人は少なくないです。中には過払い金をたくさん返金してもらうケースも。取引期間が長い人ほどチェックしたい借金の任意整理です。

周囲が気になる借金の悩み
借金の悩みはできるだけ周囲に知られたくないものです。専門家に相談するにも、できるだけ弁護士さんや司法書士さんに相談するところをあまり見られたくないかもしれませんね。ネットで可能な無料相談なら、その点安心して相談ができそうですね。ネットでの相談も一つの方法です。

キャッシングといえば
キャッシングやローンといえば有名どころは武富士、アコム、アイフル、プロミス、レイク、モビットなどですね。でもこのほかにもいろいろな業者があります。とはいえ、知名度の高い業者のほうが安心して利用できそうですね。

ローンは計画的に
ローンやキャッシングは収入とのバランスを考えて計画的に利用する事が大事です。便利さに我を忘れて使いすぎると後で返済で困ることになります。便利なローンやキャッシングだからこそ、上手に使いこなすことは、現代人の常識の一つなのかもしれませんね。

過払い金返還
過払い金返還とは、キャッシングやローンなどで返済しすぎた分が返してもらえるというものです。でもなぜ返済しすぎというのが発生するのか?不思議ですよね。それは貸金業法改正によりそれまで上限金利を超える金利が認められなくなったことに起因します。

信用情報と任意整理
任意整理を行うと信用情報には金融事故としての記録が残りますので、その後のローンなどの審査を通すのが難しくなるでしょう。とはいえ信用情報の保管期間は5年程度といわれてますので、一生難しくなるというわけではないようです。ただし、少なくとも5年間は厳しいかもしれませんね。

弁護士や司法書士
普通に生活していると、弁護士さんや司法書士さんに何かをお願いするということはあまりないですね。あるとすれば、遺産相続のことや債務整理などくらいでしょうか。いずれも一人の人が何度も経験するものではないですので、相談相手はどんな人がいいのか?情報不足で選ぶのが難しいですね。


疑問や不安について無料相談から
アヴァンス法務事務所
↑↑ クリック ↑↑
アヴァンスレディース
↑↑ 女性にはこちら ↑↑

任意整理を終えて

50代男性
 任意整理で専門家に依頼したその日から、返済のプレッシャーがなくなりました。
 とはいえ返済額はまだまだ多く、家は手放すことになるかなと、一度はあきらめたくらいでしたが・・・
 なんと任意整理で逆に過払い金が手に入り、気になっていた水回りのリフォームまでできました。

任意整理を終えて

女性(50代)
 ストレスだった借金が消え、しかも過払い金までもらえたのには驚きました。
 でも任意整理のことを知らなければ、いまだに返済に悩まされたままだったんですね。
 たまたま身内に相談したのがきっかけで任意整理のことを知ったけど、あの時相談してなければ・・・
 任意整理は対象の金融機関が選べたので、勤め先と付合いがある金融業者を外すことができたので、職場にも気づかれず良かったです。



債務整理の知識

[北海道]

[東北]

[関東]

[中部]

[近畿]

[中国]

[四国]

[九州]

注目

リンクについて

| 自己破産じゃない債務整理TOP

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちら (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2007 債務整理は自己破産だけじゃない!周りに気づかれない借金の解決方法. All rights reserved